予備知識

絶対タブー!?近親相姦の真実!

タブー画像

こちらでは近親相姦について様々な視点から解明していきたいと思います!

 

 

近親相姦にまつわる二つの真実

近親相姦は実は刑法上の罰則はない!?

様々な説がある近視相姦ですが、

実は日本ではもし仮に身内で近親相姦があったとしても

刑法上罪に問われる事はありません!

成人男性と未成年女性の性交は罰があるのに対して、

近視相姦はあくまで倫理観に基づいてタブー視されているだけに過ぎず罰則はないという真実!

結構衝撃的ですよね^^;

ではなぜそこまでタブー視されているのでしょう?

いろいろ調べたらこれがなかなか面白いんですよね。

 

近親相姦で生まれる子供と障害発生率は真っ赤な嘘!?

 

「近親相姦によって生まれてくる子供は障害を抱えて生まれてくる確率が高い」

 

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

よく近種交配で生まれた子供は遺伝子的に多様性を獲得出来ず病弱な子供だったり、

障害のある子供が生まれる確率が高いと言われ、

より多種多様な遺伝子を取り込んで子供を作った方が良いとされてきました。

が、、、

これらの説には全く根拠がないらしいですw

実際にはデータが少なすぎるし、もし仮にあったとしても公にされるケースはほとんどないので実際は分かってないのが真実らしいです。

これも衝撃的な真実ですよね^^

実際に歴史上の人物である、島崎藤村が兄の娘(姪にあたる)とセックスして出来た子供は非常に優秀だったと言われています。

なのでそういった事からも、

「近親相姦によって生まれてくる子供は障害を抱えて生まれてくる確率が高い」

という説に根拠はないというのが真実です。

 

なぜ近親相姦はタブー視される!?

 

ではなぜ近親相姦がタブーとされているのか?

ここに面白い推論があります。

フランスの社会人類学者であるレヴィ=ストロースが提唱する。

近親相姦に関するタブーはこうです。

近親での交配を禁止する理由は

婚姻によってより広く社会的関係の輪を広げるため

だと言います。

近親のものと結ばれてはこの目的は達成できず、社会的コミュニティを必要とする人間にとっては他との交流が途絶えてしまう愚かな行為だからだと言う事です。

なるほど!

 

また、昔は近親相姦は普通に行われていました。

その理由としては単純で、

財産を守るため

だそうです。

他との結婚によって田畑などの財産が相続され分散されるのを防ぐために近親での結婚も行われていたんだそうです!

これもなるほどですね^^

 

これらの事から、時代によってその在り方は変わってきたのではないでしょうか?

 



それでも人間の本能は近親相姦を嫌う!?

人類学者のエドワード・ウェスターマーク

近親相姦がタブー視される理由を様々な方の推論を交えて書いてきましたが、

人類学者のエドワード・ウェスターマークが提唱した単純明快な説も納得できるかもしれませんw

「幼少の頃からきわめて親密に育った人々の間には、性交に対する生得的な嫌悪が存在する」

要は血が繋がってようがなかろうが幼少時から一緒に育った男女は性交したがらないという事ですw

理論的かどうかはさておきこれはまあその通りな気がしますねw

 

娘は父親の匂いを嫌う

アメリカで行われた、ある実験によれば

被験者の女性たちに男性が何日か着続けて汗の染み込んだシャツを何枚か嗅がせるという実験を行ったらしいです。

そしてその女性に好ましく感じる匂いとそうでないものに分けてもらうという実験を行ったそうです。

実はこのシャツはあらかじめ分類されていて、女性にとって身内(父親、男兄弟)の匂いが染み込んだシャツ群と、もう一方は全くの無関係、他人の男性の匂いが染み込んだシャツでした。

結果は・・・

もちろん女性とは無関係の非血縁者の男性の匂いが染み付いたシャツを好ましいと感じたそうです。

多くの女性にとっては身内の男性の匂いは好ましく感じず、

血縁関係のない男性の匂いの方が好ましく感じるということがわかりました。

この事からやはり人間の本能としてより自分とはかけ離れた遺伝子を欲するという説は有力な気がします。

 

結論

この記事の結論を最後にまとめて見ました^ ^

  • 近親相姦は現在の日本で罪にはならない。
  • 近親交配によって生まれてくる子供が障害を抱えやすいというのは根拠のないデマである。
  • 時代によっては近親交配が推奨されていた時代もあった。
  • それでも人間の本能としては近親での交配を避けたがる傾向にある。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。