ネタバレ&感想

第8話 平和な市民プールにサキュバスがやって来た!? 妄想ネタバレ 感想

サキュバス喚んだら母が来た!?

第8話 平和な市民プールにサキュバスがやって来た!?

妄想ネタバレページ

妄想ネタバレページとは、世界観を共有した「サキュバス喚んだら母が来た!?」究極の二次創作チャレンジページです!

 

「お前の二次創作なんて読みたくねえんだよ!」という方はこちらから本編へどうぞ



 

第8話 平和な市民プールにサキュバスがやって来た!? 予想ネタバレ

「夏はやっぱりプールだよなあ、なあそう思うだろタカシ〜」

「まあそうだね、、、」

(今日は友達とプールに来たが、やっぱり童貞卒業してしまった俺には世界が違って見えるぜー、俺の友達ユウタは見るからに童貞っぽいし、話合わね〜んだよなー)

「タカシ見ろよあれ…ボンッキュッボン!…ヒュー」

(童貞ユウタ、ワロス!こいつに本当の女の触り心地を教えてやりてーなぁ)

タカシは童貞を卒業した事によって童貞っぽいやつを見ると下に見るような最低なやつになっていた。

「タカシあそこにいる綺麗なお姉さんはどうよ」

(うーん確かに綺麗だなぁ…だけど俺の母さんの方が綺麗だなあ)

「まあまあだな」

「まあまあって、じゃああそこにいるグラマラスなお姉さんは?」

(確かにいい身体してるけど、俺の母さんの方がいい身体してる)

「うーん…」

「なんだよ、つまらねえやつ!俺ちょっと泳いでくるは」

「…うん。」

(あー母さんの事思い出したらムラムラしてきたな〜、サキュバス喚んじゃおっかな〜、だけどここで喚んだら絶対浮くよな〜悪魔だし、、、)

・・・・・

(うーーんもう我慢できない!喚んじゃえ!)

エロイムエッサイム
エロイムエッサイム

シュウううう

「ちょっとタカシくん!?なんて所に喚んでるの!?」

「ごっごめんよぅ でも我慢出来なくて、、」

「ほらもうこんなに」

母親のことを妄想したタカシはすでに抑えきれないくらいに起立していたのであった

「ちょっとそれ隠しなさい」

「うっうん!」

すると向こうからユウタが驚いたような顔でこっちに向かって来た

「タッタカシそれお前の母ちゃんだよな??」

「えっ違うよエリリンさんだよ!」

「そうよー私エリリンよー」

「いや声までお前の母ちゃんだろ!しかもなんてエロエロな格好してるんだ!」

そう言うとユウタの股間も起立しだした!

(やばい私のサキュバスとしてパワーが抑えられない、このままだとこのプールにいる男全員を魅了して、犯されてしまうわ)

すると間も無くエリリンは男達に囲まれ出した。

「やめろーーー!それは俺のサキュバスなんだー!」

必死に声をあげるタカシも虚しく

エリリンは次々に男のモノを咥えていく!

「こんなにたくさんの精液久しぶりだわ❤︎」

(最初はびっくりしたけど、たまには悪くないわね)

「あぁエリリンさん俺っもう!」

「ああ〜俺も〜」

びゅるるるっ

3穴同時に出されるエリリン

「いいわよ〜!みんな順番に私の穴に注いで頂戴!」

「やっやめろ〜〜」

まさにエリリンがサキュバス足らしめる姿がそこにはあった。

 

第8話 平和な市民プールにサキュバスがやって来た!? 感想

まさかの多人数プレーとなった今回、

サキュバス・エリリンは精液を吸い取る度に力を強めているので、

市民プールに喚ぶ時点でこうなることを予想出来なかったタカシがいけないですね〜

しかもタカシは友達が童貞っぽいからってだけで見下してしまう最低なやつになっていました。

そして大勢の男に囲まれて幸せそうなサキュバスエリリン、まさに悪魔の所業ですね!

自分の性欲次第で女を呼びつけるタカシにはいい薬になったのではないでしょうか。

今回の妄想ネタバレもいい感じになりましたw

 

しかし本編はもっとエロかったです!!

実際の本編はこちらから!



第9話 母はサキュバスでセックスできるお母さん 予告

みなさんに僕の世界一のお母さんを紹介します。

実は僕のお母さんは人間じゃありません!

サキュバスという淫乱な悪魔なんです。

だけど普段は真面目で地味な格好で僕の身の回りのことを一生懸命やってくれてます。

ご飯も作ってくれますし、洗濯モノも洗ってくれます。

そして、夜になると僕のおちん○んを舐めてくれるし、

オマ○コに挿入もさせてくれます!

世界一のお母さんです!

第9話 母はサキュバスでセックスできるお母さん 妄想ネタバレ 感想サキュバス喚んだら母が来た!? 第9話 母はサキュバスでセックスできるお母さん  こちらはチンジャオ娘さん原作、エンガワ卓さん作...